星のバロメーター☆心理と感性をプラスして読む♪西洋占星術

心の声・心の音が和む「心理学・占星学・魂からのメッセージ」自動手記コラム

渡部建さんのホロスコープを読む

f:id:coffret11x:20210909160203p:plain

出生時間がネット上にありましたので

そちらを採用して考察しています。

1972.9.23 2:00ですが少し考察を入れながら見ていきます。

 

 

f:id:coffret11x:20210729140845j:plain

人生の課題

 

蟹座的な資質が弱いので、後天的な学びとなります。

テイルがあるからそこまでではないと思うけれど、

共感するという部分においてとか家族に対してとかの部分かな。

 

月も魚座だし、本来は慈悲的な無条件の愛を持っている方なんだと思うけど、それが抑制されている感じでしょうね〜。

そうなると無慈悲になる。

 

原因が見えてくるかもしれません。

男性なのでどうしても太陽の要素が強く出てくるのもあるのでね。

 

今世の学びの一つに

家族を大切にすることや身内や近くにいる存在と共感・共有することを経験する。

家族は両親ごきょうだい含めてです。

 

人生のテーマ

ライジングスターが金星 2ハウスと9ハウスの支配星

ASCは獅子座にあり、太陽にエネルギーが流れ2ハウス。

収入・稼ぐこと後は、自己価値観母親との問題とか幼少期の経験もあるかな

人生の中のテーマになってきます。

 

 

精神性や自己価値観についても学びでもありますね。

9ハウスにキロンがあるので、

ご自身の知性や学歴などに

何かトラウマや否定的な捉え方で

自分の価値を測っている可能性もありますね。

 

確か心理学を学ばれていらっしゃるので、

そのきっかけの出来事を経験されている可能性がありますね。

 

太陽は乙女座

 

太陽は月とオポジションで満月の日に生まれたんですね。

太陽は火星と冥王星に挟まれています。

不屈の精神力でちょっとやりすぎだったり、コントロールや支配的に物事を動かそうとしてしまう面が強く出ますね。

 

それが時に暴力的になってしまう。

言葉の暴力という面では、小島さんへの接し方がまさにこの感じが出ていますね。

批判的な否定感が強く出ますよね。乙女座の火星・太陽も手伝っているのでしょうね。

乙女座は、他者との違いに目がむき気づくので、批判的な言葉を発してしまいます。

 

太陽は冥王星コンジャンクション木星とスクエアで成功相を持っていますね。

成功者ですよね〜2ハウスでかなりの収入があったと思います。

 

太陽と冥王星コンジャンクションは、人の意見はほぼ聞かないw

聞いたとしても自分の意思は曲げないのでね。

 

他人に厳しく自分には甘く・・・

月と火星はオポジションなので妻に対しても厳しさや

見えないプレッシャを感じたりはあったんじゃないかな・・・

結婚したら掌返しみたいな扱いをして蔑ろにしていたり

または、自分のペースを乱されることに違和感を感じて

イライラしたりとかあるかも。

 

ワンマン社長タイプに見えますね〜

水星と冥王星コンジャンクション

常に考えてオフがなかったのも想像します。乙女座の支配星は水星なのでね、どうしても思考を使うことが多かったと思うな。

 

 

息を抜くことができにくい感じはありますからね〜

完璧さや競争心や何かから追われる感覚とか

強迫観念みたいな感じとかによって、考え続けたり限界値までやろうとしちゃうし、

それができちゃう体力もお持ちですからね。

 

 

あの不祥事の性欲は、、、冥王星・火星のコンジャンクションオーブ7度ですが、この塊の一部としたら太陽が挟まれていますのでね、生命力という部分ではかなりの性欲とかバイタリティとも読み取れますね。

自分でコントロールするしかないけど、欲が勝てば理性を保てなくなる。

コントロールも難しいレベルかも

 

 

その矛先がどこからきているか・・・というと月がこの塊とオポジションという部分において

自分の感情を満たすためだったと思うんですが、幼少期は辛い経験とかしていたんじゃないかな。

 

お父さんも厳しく権力のありそうな方なんでしょうね

お母さんも厳しそうな感じありますね〜しつけもそうですし、

何かと干渉してくるとか、お母さんが人生のレールを引いていた感じにも見えるけど・・・

 

 

小学生くらいまでは、魚座の月で見ると人の言いなりになりすぎてしまう面が出ているとすると、言いたいことが言えないもじもじした感じとか、

自分の意見が言えなかったり、親の言いなりで自己表現ができない感じとかあったかな。

 

それでも不屈の精神と負けず嫌いな面があるので、

後で見てろ〜という精神に火をつけて

後天的に自分を出していったんじゃないかな〜。

それが太陽期の25歳から発揮できるのでね。

逆転したというよりも年齢域でそれを経験している。

 

 

自分が経験した辛い感情とかがあった時、

弱い立場の人の気持ちに一番近い部分で寄り添える人になれるためにある。

 

 

けれど

トラウマや嫌な経験は隠したい過去として時封印してしまい

太陽の傲慢さや完璧主義的な面で地位を獲得してしまうと、

その時に学んだ大切な気持ちなかったことにしているかもしれません。

 

 

それが今回、女性を蔑ろにしたり

人をもののように扱うように出ていたので、

トランジットの天王星によって、

地位を取られて全てを失う経験をまたされてしまった。

 

 

男性は太陽を生きて月を妻に反映するので、この騒動を

「ついてなかった。完璧にできなかった」って

そっちに思っている節を感じる・・・

 

 

この人の学びにある、近くにいる人を大切にする心を学ぶことは、

人の気持ちを理解して共感することを学ぶ。

だけどもともと月は魚座なのよね。

 

 

この傷を経験しているんだけど、自分の過去の傷は棚に上げているのかもしれない。

なかったことにしている。

この地位を得られたのは、反骨精神を持ったからこその太陽と火星、冥王星を最大限に活かして得た証なんだけど、それとはまた別なんだよね。

 

 

本当に心から反省するならば、起きた出来事に対してどうこう判断するのではなく、

人間として他者の心を傷つけた心のあり方の方を見つめ直す必要がある。

 

おそらく、過去世においてもそういった経験をしているんじゃないかな。

人を傷つけてしまっている過去世がある、けれど気づけなくて

今世で課題を持ち越しているのかも。

 

 

愛というものをもう一度考え直してみるとか・・・

愛・恋愛・価値観・豊かさ・趣味・お金・喜びなどを表す金星を12ハウスに入れたいのは、愛情があるのに、愛を感じられないんじゃないかなと思って

自分の欲しい愛情の表現じゃないから気づかないとか。

 

 

それが幼少期からのしつけによる、母親の価値観によって評価されてきたことにあるんじゃないかな。

褒められなかったとか、認めてもらえなかったとか、親から。。。

 

 

渡部さんの月が魚座だということを見た時、

え????ってマジで思った。全く感じられないから。完全に封印してしまっているんだと思うけど・・・

魚座ってもっとゆるゆるな曖昧さがある、藤森慎吾さんとか狩野英孝さんとかみたいにお二人とも太陽が魚座なので、月はもっと無自覚に身についているものだから。

 

 

佐々木希さんのイメージでみると癒してくれる人を選んだんだって理解すると、魚座ぽい人が好みというのは、そうかもって思えたけどね〜。

 

出生図だけみると、実は癒しを求めていたけれど

実生活になってみたら違うんじゃないかなって思う。

 

 

妻を見ると結構強い女性を連想させるから、カカア天下的みたいな。

実際に佐々木さんのホロスコープを見てみるとわかる

 

 

妻と母親は同じ月で見るので、

結婚生活によってまた幼少期を思い出すような、経験が多かったんじゃないかなって思う。

 

妻に癒しを求めていたけれど、

家が癒しでも心が休める場でもなかったとかね。

 

二人の相性もみてます。

 

 

理想のタイプの女性

 

渡部さんの金星は12ハウスの獅子座

モデルさんのような煌びやかで派手な感じが好みというのが分かります。

12ハウスだから恋愛感とかは完全に今までは隠れていたんだろうね〜

だけど、お相手が芸能人の方というのは、わかります。

 

 

 

金星は華やかな女性を好み、

妻としては癒しを求める。

恋愛の相手と妻は別だもんね〜

 

 

ちょっと違ったというよりも、金星のタイプを求めたら、癒しはないよね。

そこが恋愛と結婚は違うという所なんだよね。

 

 

月と金星が同じエレメントとかだとまた違うんだろうけどね・・・

渡部さんの場合は獅子座の金星と魚座の月で

火と水なので全く違いますね。

 

佐々木さんは水瓶座の太陽、天秤座の月だから風だし、違う。

 

恋愛感

金星と土星天王星がトライン で小三角形が出きていて、

恋愛には苦手意識もありつつ、

不倫とかルールから外れることに関する罪悪感は、そこまでなかったかもね。

 

自分を満たす方に必死になってしまうとね。

これが月が満たされていれば、違うのかもね〜

もっと誠実的な人だったんじゃないかな。

 

 

金星15度なので水瓶座の脂質が入ってくるので、友達感覚、フレンドリーさは出やすい。

12ハウス金星としてみると秘密

8ハウスの月で不倫とも読める 

 

金星と天王星でも婚外恋愛と読める。

不倫は渡部さんにとっては予知されていたのかも。

 

 

金星はキロンとトライン 、心の傷を埋めるために欲を満たすことは必須のようね。

グルメとかもそうだよね〜。

おいしいもので欲を満たすことが幸せを感じる唯一で、裏切りのないことだったかも。

 

 

とことん突き詰めるのは、

太陽と冥王星、水星のコンジャンクション

それによってMC牡牛座で成功を収めたんだね。

 

 

来年もまだ厳しい状況が続きますね〜

なんと言っても23度付近に天体があるから今年と来年は新月の刺激を直に受ける。

ドラゴン軸もコッホで出すと23度になるのでね。

 

 

満月は8度前後だったような・・・カスプがあるからね〜厳しい。

かなり星の影響を受ける。

月が魚座らしいとも言えるのかな。

 

 

涙の度数の太陽・木星・ジュノー がどう出るかな。

不屈の精神力があるけど、月の魚座も復活して人のためにも生きることに気づいて欲しいね〜。

 

自分ばかり運が悪くてって被害者意識は気のせいだから・・・

その思考から気づきが起きてくると

また違う人生を再生する力に変えられるんだけどね。

 

 

離婚ね・・・

tの土星水瓶座に入ってくるとちょっと雲行きが変わっていくかもね。

渡部さんのパートナーシップの部屋に土星が来るのと、

佐々木さんの太陽に土星コンジャンクションするので、

約2年半くらいは夫婦関係の修復期間かもね。

でも厳しそうだけどね・・・

 

 

f:id:coffret11x:20210729141016j:plain

プログレスで心のむいていることを見てみる2020.11.9

 

2019.8〜5

ハウスに心が向くので、恋愛したい気持ちが出て頻繁になってきたのかな〜

現在も5ハウスなので、子供に目が向く時です。必然ですがね〜

2022.5.2まで 5ハウスにあるのでその頃までは厳しいかもね。

 

2022.5.3〜

6ハウスに移動するので、仕事したくなる。

世の中的には受け入れにくい厳しさとして出ているので、

ここからやっと自分と向き合う自己コントロールの期間に入るかもしれなし、

健康に気をつけたい時でもある。

 

 

f:id:coffret11x:20210729141402j:plain

ソーラーアークで2020.6.9(自粛報道が出た日)

頂点のMCにトランジット天王星コンジャンクション、これによって落下

天王星はD土星とスクエア、T土星とスクエアでtスクエアになっています。

6.10.12ハウスで見れば働き方の変化、社会的地位の変化、メディアからの離脱のようにも見えます。

 

n太陽-ドラゴンテイルがスクエア

n木星-tドラゴンテイルコンジャンクション

タイトですね。

 

生まれ時間を2:00か2:01だと

n水星にDASCがタイトにコンジャンクション

この水星は未来の変更と収入の得方の変更になったのが分かります。

 

n月とn火星のオポジションにDASCがスクエア

環境収入の得方貰い方への葛藤

 

 

プログレスの月で心理的な傾向は

恋愛や遊び・楽しみにあった。

けれど

トランジットのテイルが,その生き方に縁を切るように動いてきた。

精神的・慈悲的な面において見直しをし,

生き直しなさいと言われたようにも見えますね。

 

 

出生図の高い位置に土星があれば落下、

月があれば妻の収入で生活するなどとも読めるのでね。

結婚によって、必然的なのかもしれませんね。

 

f:id:coffret11x:20210729141620j:plain

結婚の時のチャートを出してみると2017.4.11

DとTのノード軸が1-7ハウスでコンジャンクション

しかも逆始まりというよりも終わりという印象が強いけど・・・

その時に結婚することに意味があったんでしょうね。

二人の学びでしょうから

 

 

渡部さんの結婚は太陽・火星・土星天王星を読みます。

 

・2ハウスの太陽とD金星がコンジャンクション 恋愛から人生の生き方の意識が変わる

・D火星がIC軸付近にあり4ハウス(家庭・心の基盤)にはいる所

・t土星が5ハウスなので恋愛から責任を負う結婚へと意識が向きやすかったのかな。

・4ハウスD天王星はn太陽・冥王星・水星とセクスタイル  

・4ハウスD天王星はn海王星コンジャンクション海王星は8ハウス支配星 絆を深めて結婚生活をしていく意識して使うこと

・3ハウスの天王星にt木星コンジャンクション って、なんか棚ぼた、ノリ?勢いをつけてかな。

結婚の意識は高まっていた時期ではあったね。

 

 

別居婚とかでもOKそうな感じあるよね

 

この方の結婚観は水瓶座なので、自立した女性との結婚かもしれませんね。

それって金星は獅子座なので、やはり金銭的な面においての自立は必須だっただろうし、

 

華やかな女性というのがタイプなので、

一線で活躍している有名人であることも結婚する理由の一つにはあっただろうね。

 

もちろん夫婦のお財布は別だろうし、

同居していても書斎は必須のような感じあるね。

 

保身のために辻褄を合わせるために嘘もつくし、隠し事はしちゃうタイプ。

 

 

f:id:coffret11x:20210729141756j:plain

相性を見てみます。

ん・・・・厳しい!

しかも今結構ピークきているんじゃないかな・・・

 

 

縁は深くありますが、縁があっても相性が良いとは限らない

過去世の関係から始まっているのがわかる

 

 

結婚しているのでやはり土星長期的な縁はありますね。

 

渡部さんの太陽に佐々木さんの土星がスクエアで、

渡部さんの生き方や人生観を佐々木さんの土星によって否定されたり、抑制させられる。

 

佐々木さんの太陽に渡部さんの土星がトライン 。こちらは佐々木さんの生き方や人生観などを応援する配置になります。

 

佐々木さんのヘッドに渡部さんの月がタイトにコンジャンクション、この縁が大きいですね〜引力によってって感じ。

ヘッド側の人(佐々木さん)が天体側の人(渡部さん)を支える立場にあります。

 

佐々木さんの金星が魚座なのでここに癒しがある、

だから甘えてしまうという見方もありますね。

 

月なので心の傷を埋めてくれる相手であるのは確かです。結婚前の恋愛では、佐々木さんの金星が癒しになっていたんだと思います。

 

渡部さんの火星に佐々木さんのテイルがコンジャンクション にもなります。

性的なつながりの強さでもあり、そのつながりが無くなることで、

性的な吐口がなくなる。

 

またはトラブルによる過去世からの問題を抱えている可能性もあります。

 

オーブが少しあるけど、

渡部さんの太陽や冥王星などがコンジャンクションとしてみると、

やはり過去世からの縁がありますので、それによって今世で佐々木さんが助ける立場として出会っているようです。

太陽とテイルのコンジャンクションの場合、終わりはある縁だと思います。

 

佐々木さんの出生図のノード軸には火星がスクエアにありますので、怒りが見えない内側にある。これ芸能人に多いですね〜。

その根性が芸能界という場所でやっていける力なんでしょうか。

そこに渡部さんの土星がタイトにオポジション

 

 

佐々木さんの将来的なことへ、抑圧をかけたり制限をかけたりしますが、

安定への教師的な助言とするならば大切でもあります。

 

結婚されてお子さんができたことで、仕事のセーブや生活の中での責任などが生まれるのもありますし

それがお互いに衝突してしまう感じもありますね。家事とか育児とかね、妻がするものではなく平等という意識を持つことは大切ですね。

 

火星同士もスクエアになっていて、葛藤しそうだし

これエネルギー交換としてみると性的な面でのエネルギー交換で刺激を与え合う関係だったりするので、恋愛でこのアスペクトがある人は意外と多いんですよね。

喧嘩すると激しいけどね〜交わらないエネルギーをお互いに発散させるのでね。

 

冥王星と太陽、火星のコンジャンクションの渡部さんが

ひかないしかなり強いエネルギーがありますが、

佐々木さんも闘争心や負けず嫌いな面があるので、お互いに主張し合う感じもある。

お互いにそのくらいのエネルギーを持ち合わせていないと繋がらないのもあるけど。

 

金星の価値観も魚座と獅子座で違うし・・・どちらかが合わせて価値観の調和点を見つけないとだけど、

月が渡部さんは魚座なのでその辺は、佐々木さんの喜びや価値観を分かり合える部分もあるかな。

佐々木さんの太陽は水瓶座なので、相手を尊重したりもできるし、金星が魚座なので、許す心もお持ちの方だと思います。

 

佐々木さんのリリスに渡部さんの金星がコンジャンクション。性的な相性も合うのかも。

 

相性の良し悪しでは、

はじめはお互いに良い部分がクローズアップされるので、

そこだけをみて結婚して、違いがより引き出されてきて、なんか違うってなる。

という相性でしょうね。

学びの相性です。

 

佐々木さんのテイルに渡部さんの火星があり、今はトランジットによって

佐々木さんの火星にtテイルがタイトに重なっています。

渡部さんの土星オポジションにあり、グランドクロスを形成

 

 

佐々木さんの出生図において、ノード軸がこの火星とスクエアになっているので、

夫婦間での葛藤や衝突も出やすいですね。

この時期、問題が再浮上している可能性もありますね。

 

 

離婚しそうだけど・・・佐々木さんが頑張れれば。。。

ノード軸のスクエアは結構出来事でも出る気がするからな。

縁が火星によって切れるとか・・・

火星は二人の関係では、テイル(過去世)に関係している天体ですのでね。

渡部さんが2ハウスの火星なので、心底いきなおして考え方を変えていく時期とも言えますね。

それによってかなり方向性が左右されそう。

しかも2020.11.14日には火星が順行するのでね。それから動きがあるかもしれないですね。

 

 

佐々木さんの出生時間がわからないので、詳細にはわからないけど・・・

パートナーシップはお互いになので、

佐々木さん一人で頑張ってどうになるものでもない。

 

 

火星とテイルのコンジャンクションは、

自分たちが良くても周りからあれこれ言われて終わることもあるから・・・

 

 

支えるだけではなく、

渡部さんがご自身の生き方を改心しないと難しいだろうね。

本音を妻にだけは見せられたらいいのにね。それも難しそうだね。

プライドはいらないのにね、夫婦間でもプライドを持ったらいつかは終わるよ。

 

許しあえるどんな時も受け入れあえる関係

 

 

木星土星コンジャンクションもあるから、

二人の間には夫婦の前に社会的な立場というものがあるのかもね。

 

厳しいね。

 

佐々木さんのノード軸がtノードとスクエア、そこに渡部さんの土星が終わり、終了させる、ピリオドを打つ可能性がある。

縁を表す軸だから、きっと向き合うことが出てきているんだと思うな。

 

 

惰性の生き方は、容赦無く終わらせられる。

頑張っても2年くらいで何かしら大きく変化を持ち込まれているから・・・・

 

素直に生きよう。

 

 

佐々木さんの出生時間がわかれば、もう少し見れるんだけど

今、読めるのはこのくらいかな。

追記】考察時間で佐々木希さんのホロスコープを見てみました。

 

本当に大切なこと。気づいて。

あなたの学びに気づいて。

祈りを込めて。