星のバロメーター☆心理と感性をプラスして読む♪西洋占星術

心の声・心の音が和む「心理学・占星学・魂からのメッセージ」自動手記コラム

蟹座満月を紡ぐ〜個性を前面に自分の人生を生きる

人生についての喜びは

自分自身が「どう感じるか?」が基準になっている

 

喜びや満足感、達成感、豊かな心、安心、安全

その基準が、私たちの人生にいろいろな角度から影響を与え

心が反応し、自分の価値観の中にある

自分という存在の価値基準を測り

 

「自分は、人生を豊かに生きられているだろうか」

そうジャッジするかもしれない。

 

そこでよりよくという

人間の欲によって、私たちは成長というプロセスを経験する

 

 

満足感は続くことが少なく

達成すれば、

また更なる目標や目的を持つために

人は思考が働く

 

 

食べたいという欲を満たすために行動し

食べるという行動が終われば、

次に違う目的の行動へと移す

この繰り返しが続く

 

 

人生の切り替わり

続いている

それは、社会という大きなものが移り変わるには

いろいろな時間と段階が必要

だから

 

人も、社会も会社も地域も家族も、

人それぞれに切り替わるタイミングが違う

 

移行期間が人それぞれに違う

 

 

移行が始まっている人は

より自分らしく、

それは、より個性的な自分を前面に出す必要がある。

 

 

自分らしさは

他者からみると、個性的かもしれない

 

 

けれど

個性は、自分にしかない本質だから

誰かと同じだったら、自分の個性(武器)にはならない

 

誰かと同じ、それは

同じという肯定されたと無意識に感じる安心感

得たい気持ちにしかならない

心のやり場、心の拠り所につながっている、って意味でね。

 

 

この人生で、どんな個性を持って

この人生を歩もうとしているのだろう

 

 

個性=人との違い

 

だから、もしかしたら

自分自身で、否定している部分かもしれない

 

けれど、その否定しているかもしれない

誰かと違う部分は、自分にしかない大切な個性(武器)となる

 

 

周りとをつけることが

社会で注目を浴びて、抜きに出る、目立つものだとしたら

 

その個性は、

大切で、磨いてもっと引き立つような

際立つように磨き上げる必要がある。

 

 

否定からは生まれない個性

自分にとっての個性を伸ばしていくために

自分を否定することをやめてみる

 

自分の存在を良し悪しで評価しない

他者(親きょうだい含め)に評価された自分を、生きようとしなくていい

あなたは、唯一無二の存在だから

 

新しい人生へとシフト

迷いは 意思決定を惑わす?

 

惑わすのではない。

迷うことは、選択肢が二つ以上あることだから

その選択肢があるということは

今の現状を変えたい意思がなければ浮上しない

現状に満足していたら浮上しないのだから

 

例えば、

家をこだわって新築したとするときに

引っ越して翌日に、

「次どこへ引っ越そうかな〜」って考えないわけで

 

何十年経った時に、

なんか家のリフォームしたいな〜とかって浮上する。

「する:しない」 という選択が出てくる。

 

迷うということは

現状に満足をしていないという

 

人生に迷ったら

自分の人生を変えたいというメッセージ

ここから1ヶ月のメッセージと見るならば

満月は満ち足りた完成形を表す

 

けれど、

その頂上で一区切りのために

一度腰を下ろして、立ち止まる時期でもある

 

 

次の方向性を探すための旅

次の目的地へ行くための計画をして

修正するところを見つけたりする時期でもある。

 

 

水星は1/2日まで逆行をしていて

人生についてだったり

自分の生き方について

社会でのあり方

家族との関わり方などを

 

振り返りをしている時期

 

 

年末に1年を振り返るように、新しい未来の生き方を考えるのと

イメージは似ています。

 

だけど、もっと視野を大きく持って

1年ではなく、

人生を振り返ってみるといいかもしれない

 

自分の足枷になっている過去の経験があるとしたら

そこに向き合い

 

その経験があるから、

今の人生になってしまう。というネガティブな思考につながっていたら

 

その経験があるからこそ、

次の未来は自分の安全や安心を得られて、心が居心地の良い生き方をしたい。

大切な人とだけ、自分の時間を共有して寄り添って生きていたい。

そう願っていいし、

願わなければ次の行動が変わらないから

 

 

願うことは、決めることにつながり

決めることが行動につながる。

 

 

どうせ!という思考につながる人生を選んできたとしたら

どうせ!を違う視点に変えて、

 

どうせ!

だから

なんでもあり!

の自分を前面に出して生きるのもいいかも?

と開き直ってみたり、

視点を真逆にしてみて、考えるのもいいかもしれない。

 

 

ただ、迷いやすい時なので

思考でネガティブに陥りったら

ポジティブにも無理やり傾けてみてください。

 

 

心に正直に

どう生きたい?

自分の人生の革命を起こせる時

引越しするとか、移動が増えるとかもありそうだから

そこから、何か自分に必要なメッセージを受け取ったり

刺激を受けて、人生についてを考えたりもありそう。

 

 

旅行や、いつも行かない場所

いつもだと時間の都合で行けない場所など

日常の枠から視界を変えて

気分転換するのもおすすめです。

 

 

 

自分自身の喜びの追求

冬至図でもあるように、自分についてを掘り下げてみたり

自分の強みになる個性を伸ばしたりする行動はいいので

 

  • 新しい学び
  • 自分に刺激となる学び
  • 高度な学び
  • 専門的な分野の追求
  • 技術、免許、資格を取得する学び

いい時期です。

 

何ができるか?という結果につながる選択というよりも

今自分が楽しんだり、喜びにつながったり、達成感につながったり

自分の価値観が変わるようなことに

視点を合わせてみると

 

迷いというよりも、

未来でどんな自分になっているか?という

理想像につながるので、

明確な未来の行動にもつながっていきます。

 

自分にとっての有益を選んでみてください。

 

心が揺さぶられ心が反応する

ワクワクになるか

不安になるか

その選択も自分自身ができる

 

 

もしも突発的なことがあった場合

どっちの感情を選ぶかで、その先の未来が変わる

自分自身で楽しみや喜びに焦点を当てていこう

 

 

流される人生ではなく

選択する人生を選んで造っていこう

 

 

自己実現へ向かってスタートする方

自分のために行動したい方

準備はいかがですか?

 

 

チャンスは自分自身に制限をかけないこと

自分自身で制限は外せること

未来を諦めない

 

 

人生に新しいスパイスを入れるときです。