星のバロメーター☆心理と感性をプラスして読む♪西洋占星術

心の声・心の音が和む「心理学・占星学・魂からのメッセージ」自動手記コラム

人を愛すること

 

f:id:coffret11x:20210724203428p:plain

大切な人

掛け替えのない人

 

ただいるだけで幸せ

ただ存在するだけで幸せ

 

 

 

人を愛することは

愛する人がいる

ただ存在するだけ

同じ時間と空間にいることに

幸せを感じること

 

 

 

愛することは

ただあることを

感じること

 

 

 

その人の人格、性格、容姿、肩書き、云々

人を隔てるものの色眼鏡をぬきにして

愛すること

許すこと

 

 

人はマズローの欲求五段階説をもつ

 

 

何かを欲求して

満たされると

次の欲求に進む

 

 

人間として生きてるうちは

欲求は、なくならない

 

 

 

人を愛すること

その人がただいるだけで

幸せと感じられる

忘れてしまうの が人間

慣れてしまうのが人間

 

 

大切な人が存在する

大切なひとと共に生きられていること

奇跡だということ

慣れ・当たり前・いつもの日常が

私たちの

一番大切な心の状態を麻痺させてしまう

 

 

 

 

愛する人がいること

当たり前になっていませんか?

 

 

 

隣にいること 

存在すること

共にあること

同じ時間を生きていること

 

 

 

当たり前という幻想によって

大切なこと見失っていませんか?

 

 

 

当たり前は

無意識になると(奇跡の連続だと意識しなくなると)

欲求が生まれる

 

そして

期待に変わり

違う問題があると

誤認させられる

 

 

 

ご自身の欲求によって

当たり前という

幻想に惑わせれていませんか?

 

 

 

目の前の大切な人を愛せていますか?

 

 

 

〜してもらう欲求や期待することに

思考が傾いていませんか・・・

 

 

 

ご自身の心の傷を埋める為に

大切なその人がいるのではない

 

 

 

気づいていますか・・・

 

 

 

愛を感じ・意識し感じて生きることは

大切な人に期待することもなく

ただある幸せを感じられる

 

 

 

ご自身の心を埋めてほしいと

無意識に求めているとき

 

 

 

相手に対する欲求がでてくる

相手に対する期待がでてくる

 

 

 

ご自身の心を埋める為に

〇〇して欲しい欲求や期待は

浮かんでくる

 

 

すると自然と

〇〇でない

足らない部分に目が向くようになる

 

 

 

〇〇でない

表裏一体の反対側がクローズアップする

 

 

〇〇である

けれど

〇〇でない

部分だけが目立つ

 

 

 

〇〇であって欲しい

表裏一体に

〇〇でない部分があるから

必然的に

否定する反対側を探す事になる

 

 

 

 

 

人は生きることに欲求をもつ

それが

生きるということ

 

 

 

 

その為に欲求は持たされている

生きたい欲求が必要だから

 

 

 

まだ生きたい

まだ生きる

その欲求によって

生きる意志をもつ

 

 

 

 

その欲求は

よりよく、もっと、それ以上にという

終わりのない欲求を繰り返させる

終わりなく欲求を持ち続けるために

 

 

 

何かを得たとき

また次の欲求が湧き上がるように

また次の目標が浮かび上がるように

欲求は繰り返し持ち続けさせられる

 

 

 

それは

人生を生きる為に必要なこと

それを

無意識に私たちは感じ

その無意識な中に考え

思考が繰り返される

 

 

 

 

  

思考の中・脳内で考えることの中には

他者を思う・考える・想像する思考がある

 

しかし

脳内思考において

自分のこと

他者のこと

その区切りはない

 

 

自分自身のこと

他者のこと

 

 

思考の中には

自分と他者との仕切り・認識・区別がないために

 

 

自分の脳内で考えることは

全て自分の事と認識する

 

 

それが幻想となり

惑わす

 

 

 

惑わされることで

人は人生の中で

起きた出来事が

他者から与えられたと

幻想する

 

 

 

脳内に自分と他者との

仕切り・区別の思考がない

だから

思考に浮かぶことは

自分にだけに通用するもの

 

 

 

けれど

他者を思い・想像し考えることを

自分の脳内から浮かぶ思考、価値観によって

枠に入れようとする

 

 

自分の脳内で起きている事だから

必然である

 

しかし、

自分の脳内

自分と他者の仕切りがないために

全て自分の主観でしか判断が難しくなる

 

 

 

 

 

ただ愛する人がいること

同じ時間、空間にいること

それがどれだけの奇跡であるか

初心を思い出してみよう

 

 

 

大切な人と心が通った時の喜びを思い出し

その奇跡となった時を

当たり前でないこと

気づこう

 

 

 

心が通った奇跡

その時に

ただいるだけ

ただ心が通いあっている

その瞬間の幸せを感じてみよう

 

 

 

その瞬間の幸せ  

もう一度思い出してみよう

奇跡の時間

 

 

「ただいるだけで幸せ」

 

 

そこには

欲求も期待もなく

ただあること

 

 

 

ただ通じあえていること

それだけで

幸せであると

経験している

 

 

ただあるだけ

ただ通じあえているだけで

何の欲求も期待もなく

幸せを感じられていた時間があったこと

 

 

ただ感じること

それだけで

幸せであると

すでに知っている

 

 

すでに経験している

その瞬間を感じていること

 

 

無意識な時間は

意識して心に刻むことをしなければ

ただ過ぎた時間にしかならないから

気づき直すことをしてみよう

 

 

 

ただあるだけで

幸せを感じられる

自分自身を知っている

 

 

 

その瞬間を思い出して

刻み直してみよう

 

 

 

大切な人がいる奇跡

当たり前になっていないだろうか...

 

 

 

当たり前になることで

奇跡は軽視されてしまう

 

  

当たり前は

満たされていること

 

 

満たされていると

人間は

次の欲求を生み出し続ける

 

 

 

次の欲求が期待にかわり

期待は

〇〇でない部分をクローズアップさせる

  

 

 

すでに欲求を満たしている事は

当たり前になってしまう

 

 

 

 

当たり前が忘れられることで

奇跡の連続を軽視してしまい

欲望だけが

自分を支配し始める

 

 

 

欲求は生きる為に 

継続し浮かび続ける

 

 

 

他者と自分との思考は

脳内で仕切りがない

 

 

 

自分を満たす為の思考は

自分のためにある

 

 

 

それを他者に当てはめようと

無意識にしてしまう

脳内は他者との仕切りがないから

 

 

 

欲求は自分で使うためにある

生きる欲求

自己実現の欲求

マズローの欲求5段階説のように

 

 

大切に思っていると

誤認していること

見直してみよう

 

 

 

大切な人

愛せていますか...

 

 

愛することは

許すこと

全てを許せることが愛

 

 

 

そこにジャッジは必要ない

 

愛する理由さえ必要ないと

気づくかもしれない

全てが愛だと気づいたならば

 

 

生きていること

それが奇跡だから

 

 

 

愛する人がいること

奇跡だから

 

 

 

人を愛すること

それは

自己愛の先にある

 

 

自分を愛し

どんな自分も許せている事で

無条件に他者を愛せる

 

 

 

愛すること

愛していると思っている事

 

 

経験の中で

気づき

学び

知るのだろう

 

 

人を愛すること

無意識の愛

 

 

 

愛していると思っていること

条件付きで欲求や期待が浮かぶ

満たされていない自分の内面を満たそうと無意識にしている

 

ここがあることは

「愛の学び」の途中

 

 

人を愛していると

思っていること

 

 

人を愛していること

 

 

言葉はツールだから

惑わされている

 

 

本当に愛している?

自分自身を

 

 

気づいている?

自分を、愛せていないこと

 

 

そこを認めたくなくて・・・・

人を愛していると

幻想によって

思い込まされていること

自分の問題を回避していることを・・・

 

 

幻想の中で

愛を学んでいること

気づきを、与えられていること

 

 

幻想から覚めるために

 

 

人を愛している?のではない・・・

 

 

自分を満たせていないから

人を愛していると

幻想によって思わされている

 

 

大切な何かの気づきが起きるように

 

 

 

 

愛は

ただある

 

 

人を愛することは

ただ共にいるだけで幸せであること

 

 

 

心が通った瞬間に

それを知っていること

経験していること

思い出そう

 

 

 

奇跡が当たり前になると

欲求、欲望により

惑わされる

 

 

脳内の思考に他者との仕切りはない。

 

 

 
必要な方の魂へメッセージが届きますように
 
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ