星のバロメーター☆心理と感性をプラスして読む♪西洋占星術

心の声・心の音が和む「心理学・占星学・魂からのメッセージ」自動手記コラム

「他者との比較」しなくてもいい比較・見たほうがいい視点

f:id:coffret11x:20220123191800p:plain

人と比べる

 

人生の中で人から学ぶことが多く

出来事をきっかけとして

他者からの学びを得る

 

人と比べること

 

比べることによって自分にとってしたほうがいいこと

しなくてもいいことがある

 

 

「比べる」

自分と過去の自分を比べる

自分と他者を比べる

 

自分と過去の自分は

己の内側にあることを比べることによって

自己対話して、気づくことがある

 

 

他者と比べる時

人を羨む時

人から優越感を得たい時

 

 

自分自身の行いや人としてのあり方について

自分を省みる時、

他者との対比によって学ぶことができる

 

 

自分を肯定・評価したいとき、

他者との比較によって優越感を得る

 

他者を羨む時、

人間は自分のマイナス面に焦点を当てることが優先される。

対比によって、

自分が

怠っているという錯覚に陥るからだ。

 

 

他者から優越感を得る時、

他者の

怠っている部分に焦点を当てて探すために、

自分が優位に立つ事柄を見つける思考になる。

自分に

都合の良い部分だけに焦点を当てる。

自己価値観で!

(自己価値観は自分にしか通用しない基準である)

 

 

他者は学びの相手であるけれど

自分自身の都合の良いように、

思考は脳内で変換できる

 

 

自分にとって

他者との関係やあり方において見直す時

自分自身を省みるときに、

他者との間に比べる意識を持ってみよう

 

 

矛盾のようだけど、、、

これは

優越感や評価を得ることではなく

人生は

他者との戦いのためにあるのではない

のだから

 

 

人生は、自分のためにある

だから、他者と戦う必要はないのだから

 

 

他者は学びを与えてくれるからこそ

他者を敵対したり、

他者に対する見え方が歪む時もある

 

けれど、

他者によって与えられている事柄、

気づきに焦点を当ててみる時

違った視点で、

他者との関係性が見えてくる

 

 

他者は

・比べる必要がないことを知る。

・学ぶ必要のあることをみる。

 

 

人生は自分のためにある

しかし、

対比する他者がいなければ

何の化学反応も、感情の反応も

出来事の中での刺激も

起きないのだから

学べる場所がなくなってしまう

すると

魂を磨くこの地では意味を持たなくなる

 

 

【学ぶために人生がある】

そう仮定した時

全ての出来事には、意味があると

捉えることができるのだろう。

 

人生への理解を

違う視点で捉えることで

この先の人生の歩み方が変わってくる。

 

 

道理だけで腑に落ちないとき

魂で理解できる

そのタイミングがくる時まで

思考の片隅に置いていただけると

必要なタイミングで

思い出すことができるだろう。