星のバロメーター☆心理と感性をプラスして読む♪西洋占星術

心の声・心の音が和む「心理学・占星学・魂からのメッセージ」自動手記コラム

シンプルなこの世の思考のしくみ(幻想から抜け出す)

出来事は

感情に

気づきをもたらす

大切なこと

 

 

出来事を通して

感情を感じ

思考で

自分の価値観で考える

主観

 

 

他者が◯◯だ!

そう感じたならば

それは

私が◯◯なのです。

 
 
他者に怒りを感じる
それは

私が怒りをもっているのです。

 

 

 

他者との出来事で痛みを感じた
それは

私が心の痛みをもっている

心の叫びなのです。

 

 
 

他者が!

それは
 
私は!
 
 
に変換して思考するとき

 

 

 

はじめて自分と向き合い

自分の心に寄り添ってあげられる。

 

 

 

他者が!

その先に

私は!!

 
 
言葉を繋げて、思考の整理をして
私の心の中にある
本当の気持ちに、気づいてあげよう。



 

起きた出来事から

  • 自分は何を感じているの? 
  • 自分はどんなことに反応しているの? 
  • 自分は、何に思考や感情が揺れているの? 
  •  自分に対する何が反応しているの? 

 

 

 ここを見てね。

 答えは自分の中にあるよ

 

 

 

 自分が反応していることが

 例えば、 

怒りだった場合

 

 

 怒りがある ということは、

例えば

  • 私は自分を蔑ろにされてことに反応して怒っているんだ。 
  • 私は自分が受け入れられなかったことに反応して怒っているんだ。 
  • 私は自分が否定されたことに反応して怒っているんだ。 

 

ということなどが

自分の内側にあると気づきが見つかります。

 

もう少し

掘り下げて変換してみよう

 

 

 

  • 蔑ろにされたということは、「大切にされたいんだ。」 
  • 受け入れられなかったということは、「受け入れてほしいんだ。 」
  • 否定されたということは、「肯定されたかったんだ認めて欲しいんだ。 」

 

 

 という部分が見つかるの。

 

 

自分の中にある本当の気持ち 

それでもなんとなく 違和感や認められない場合は 

もうしこし掘り下げていくよ。

 

 

  • 大切にされたいんだ。 →自分で自分を大切にできていないんだ。 
  •  受け入れて欲しいんだ。 →自分で自分自身を否定して受け入れていないんだ。 
  •  肯定されたい、認めて欲しいんだ。 →自分で自分を肯定できていない、認めていないんだ。 

 

 

 自分の中の気づきが出てくるよ 

これが内面にある潜在意識として隠れています。

 

 

 

心の中を覗いてみてね。 

 

 

 ノートに書き出してみると、わかりやすいです 

 

 

脳内で思考の整理するには

主観的なままの思考になってしまうため

 

 

脳内からノートに

思考を移す事で、

客観的思考を取り入れることができます。

 

 

ノートから文字を目で見ることで、

主観的から客観的な思考が入りやすくなります。

 

 

自分の心と会話しよう。