星のバロメーター☆心理と感性をプラスして読む♪西洋占星術

心の声・心の音が和む「心理学・占星学・魂からのメッセージ」自動手記コラム

使命や生きる意味は、経験した後の意味づけ

 

f:id:coffret11x:20210717163739p:plain

生きる意味を探さなくてもいい

 

未来の目標を決めよう

それが

未来への道標

 

生きる意味は

経験した後の意味づけ

 

 

 

人生を見つめ直したり

人生で立ち止まるとき

 

 

自分が生きる意味や

自分の人生について知りたくなる

 

 

なぜ生まれた?

なぜ生きる?

なぜ???

 

 

使命という言葉で惑わされないで

使命は

自分の心の導きに従うとき

必然的にその方向へ向かう

 

 

立ち止まり

己を振り返り

己の内面との対話に従って

 

 

 

素直に選び

選択、決断するとき

必然でむかっている

 

 

使命を知り

使命があるから

生きられるのではない

 

 

使命を知るから

前に進めるのではない

 

 

使命があり、使命を知ることが

生きる意味だと

 

そう思うことで

自分の内面に向き合わずに

済むのではない

 

 

そう

思いたいし

その

証明が欲しいだけ

 

 

自分の思いを無視して

その方向に向かわせることは

難しいのだから

 

 

人生の途中にある

経験が必要であり

途中経過の中でしか気づかないことがある

 

 

それを

寄り道と捉えるか

失敗と捉えるか

間違えだと捉えるか

宝と捉えるか

自分次第である

 

 

人生は直線だけでは完結しない

紆余曲折が

人生の深みとなり

 

 

魂を磨くための

経験は

魂の目線では喜びである

 

 

使命を知ることは気休め?

自分次第で人生の経験が変わるのだから

捉え方次第

 

 

使命というものを知る生き方よりも

自分の

生きたい未来

経験したい未来から

次の未来を選ぼう

 

 

経験した後に

意味づけしたらいい

 

 

経験した全てが宝に変わる

それが

使命のためというよりも

魂の経験なのだから

 

 

使命でなくても

生きたい未来の目標を選んでもいい

 

 

経験した後に

意味づけ出来る

それが使命だったと

 

 

人生の最期に評価したらいい

使命を生きたと

 

 

まだ経験の途中

使命という言葉だけに縛られて

ご自身の可能性を狭めないで

 

 

生きたい人生を

チャレンジして

生きよう

 

 

使命を知るから

生きやすくなるのではない

 

 

自分で未来を選び

経験した後に

意味づけするのだ

 

 

使命ではなく

目標を立てよう

未来の方向を決めよう

 

 

それが

 

未来を歩む道標に変わるから。