星のバロメーター☆心理と感性をプラスして読む♪西洋占星術

心の声・心の音が和む「心理学・占星学・魂からのメッセージ」自動手記コラム

違いってなに?変化が早い人・変化が苦手な人

予約投稿している記事がなくなり・・・

編集が追いつかなくなってしまった。

 

過去の記事を読み返すと

抽象的な表現が多くて

はてな?になることが出てきています。

 

私自身、コラムを書いている時には

自動手記というもので

脳内で流れているメッセージを

手元で表現して書いているので

どうしても、

あれ、それ、という表現が

多いのを実感します。

 

メッセージと同時にイメージ的な受け取り方をしているので

つながっている文章を

それが、あれで・・・というように打ってしまっているんですよね。

 

それは、脳内とキーボードを打つのが追いついていないという証なんですが。。。

意識を脳内から手元に意識を切り替えると

完全にメッセージが途切れてしまうので

それで、表現が抽象的になったりしています。

 

でも、それを受け取る人が受け取れないと意味がないので

編集をしなおして、意味をつなげたりする作業を繰り返して書いています。

 

2019年くらいまではいいんだけど

その前はひどいw

 

今に対応できるものを

アップしようと選んでいるんですが

なかなか時間かかりますね。

 

少しペースダウンして更新してもいいのかなと思っています。

ホロスコープも読みたい^^

時間配分がなかなか難しくなっています。

 

 長い前置きでしたw 

 

f:id:coffret11x:20210814114217p:plain

変化が早い人・うまく変化できない人・・・違いは何? 

 イメージで見えてくるのが

海の中で手綱を持っている人がいてる

  

 

🔷一人は手綱をギュッと持っていて、手綱は張られている

🔶一人は手綱にかまり、足をバタバタ もがいている

 

 

このイメージに見えてくる二人は、

変化の違いを見せてくれていて 

 

 

 🔷変化の早い人は前者

🔶変化がうまくいかない人は後者  

 

 

この二人に

変化の方法変化の仕方を提示してみるとき

どんな捉え方や行動、受け取り方をするのだろう

 

 

そこに、変化の違いがうまれます。

 

 

 

🔷一人は手綱をギュッと持っていて、手綱は張られている

 

 🔷目的やそう言う方法があったんだ!と

手綱を道標にして、どんどん自ら泳いで目的地へと向かう 

 

どんなに荒れた海であっても、波を選んで乗りこなして目的地へ向かう。  

 

 

🔶一人は手綱につかまり、足をバタバタ もがいているよう

🔶もう一人は、目的地とその方法を示されたとき 

 

あ〜そうだったんだ!と知った後でも

じゃあ、連れてって・・・もう疲れちゃった。

手綱につかまってバタバタしていたので

体力が消耗してしまったのかもしれません。 

 

 

手綱につかまり、目的地が見えて、

その方法を提示されても
実行できない、自ら動けない他人軸
 
 

 その方法とは

例えば、
泳ぎ方かもしれません。

波に乗る方法かもしれません。   

 

 

🔶だけど、自らの意思がそこに伴わないために

行動できない。行動しない。

誰かに助けてもらうのを待っている。
 

そう言う捉え方もできます。  

 

 

🔶目的地が見えているけれど

手綱につかまっているだけでは、どんなことが想像できるだろう・・・   

 

 

荒れた海、手綱につかまるだけ

波に揺られてしまいます 

 

 

 🔶ただ手綱につかまっているだけ、

波を選ぶこともしていないかもしれません。  

 

🔶もしかしたら、抵抗して

海の動きとは違う方を選んでいるかも   

 

 

目的地やその方法を

他者からの情報で知っていても、提示されていても

 

 

自分の意思が伴わないとき

流されてしまい

乗りこなせないのかもしれません。  

 
 

変化に対する自分の思考を疑ってみる

 

本当に心底、変わりたいと思ってる?

切羽詰まっている?

変化を望んでいるのだろうか?

 

 

  • 焦り?
  • 周りが変わっているように見えるから?
  • 自分だけが取り残されている感覚を幻想するから?

何が根拠で変化を求めているのだろう?

 

 

  • 満たされない現実や日常の日々?
  • 自分らしく生きられていないと感じているから?
  • 窮屈な感覚を感じているから?
  • 漠然とした思考?

 

 
思考を疑ってみると
ヒントが見えてきそう。
 
 
 
変わりたい

けれど

 
 
怖いのかも 
自信がないのかも

不安なのかも  

 

 

心や思考が揺れないように

自分軸を強化して

ご自身の未来の方向を

定めて決めてみよう

 
 
 

どうなりたい?

未来の自分を創造してみる

そこが見えていないとき"決めよう  

 

 

「どんな未来の自分だったら感情は満たされているのだろう?」

 

 

感情の動きを感じながら

自分が未来で、どんな心のあり方になっていたいのだろう?

その視点で捉えてみよう。   

 
 

すると、そこへ向かうために

今、何が大切で

何をしたらいいのだろう?

一つずつ見えてくるよ   

 

時に他者と依存する関係においては

手綱になってしまう人もいる

知らぬ間に、誰かに依存されていたりする場合もある。

 

 

 

逆に、他者へ依存している場合
他者の行先を制限している場合もあります
 
支え合うのが人間関係でもありますが
支え合うと依存し合う関係は全く違います。
 
もしも依存関係にある時 
  • 身動き取れていますか
  • 何か抵抗感じませんか
  • 後ろ髪が引かれる感覚ありませんか   

 

ご自身が未来へと進もうとしている時に

誰かの手綱になってしまっていることを想像してみよう   

 

 

必死に泳いでもうまく泳げず

波を乗りこなそうと波を選んでも

なぜか思うように舵が取れない  

 

そんなとき

人間関係の見直しが必要かもしれません

 

 

依存は片側だけでは成立しません

その場合、依存させている

何か見えないつながり(精神的なコントロール)がある場合もあります。

 

 

私がいなければダメだと決めている関係

あの人がいなくなったらダメと決めている関係

 

共依存関係においても、変化が起きにくい。

抵抗感が強く出てしまうのでね。

 

変化には

お互いの人生を生きる

未来の目的のために起こるので

変化よりも関係性が崩れやすくなります。

 

 

 

 見直しを求められている関係で

 例えば

  • 他者の喜びを一緒に楽しめていますか
  • 一緒に共有して感情を味わえていますか・・・
  • 他者の気持ちに寄り添えていますか
  • 自分の主張だけを通していませんか
  • 自分の思いだけを理解して欲しいと主観的になっていませんか
  • 相手を思いやる気持ち、置き忘れていませんか

 

羨む気持ちが湧き上がったり…

ときには人間だから、出てきますが

そこで

被害妄想や敵対に思考の先を向けるではなく

自分も頑張ろうと自分を鼓舞したり

他者との比較ではなく、自分の内側との比較

目を向けられるといいですね。

 

 

そういう人間でありたいと願い

他者の喜びをともに分かち合える人と

未来を同じ方向へ進むことを選ぼう   

 

 

 

 立ち止まって見直す関係ありませんか  

 ご自身の変化の時

人間関係の変化は必然で訪れます

   

 

自分が変われば

生きる環境や日々見える景色が変わっていきます。

  

 

わかっていても難しい・・

そう思考する時

 
 

心の葛藤があるかもしれません。

 
 
  

自分を許すこと変わっていく自分を

受け入れてあげること

そこから変化の速度も変わっていきます。  

 

 

精神的な自立を促されている時代    

批判し合う関係の中に身を置いていませんか  

その環境まだ学びが必要ですか・・・   

 

 

批判=他者へ向けているエネルギー  

他者は、自分と違うのが当たり前なので

他者は、自分とは当然、違う価値観なのです。 

 

 

比較するまでもなく、それが個々に違うと言う事

批判するためのエネルギーは

自分の内側と向き合う時間に使ってみよう。   

 

 

他者を批判したい時

そこにご自身の心の傷が反応しています。 

 

 

 ご自身の内面を見つめる時間にしてみよう。   

 

他者にも他者の学びがあります。

自分が気づかなければ意味を持ちません。   

 

 

他者を変えようとしたり

人としてのあり方を批判することへ

エネルギーを費やすのではなく

他者に気づきが起こるように祈りましょう。    

 

 

 

他者へ向けている時

自分の心の傷が反応しているのです。

 

 

自分の内面に目を向けてあげてください。

他者へ向けている限り、

自分には向きあわなくても済むので

自分と向き合う時間が遠ざかっているのです。    

 

 

 

自由:拘束

平等:差別

慈悲:残酷

平和:争い

 

 

対比の世界  

あなたは今、どっち側の世界を見ていますか。  
 

 

自分で生きる社会を選び

自分で生きる環境を選び

自分でこの瞬間の感情を選ぼう

自分主軸で人生を選ぼう

 

 

自分軸を持ち、自分の人生の舵取りを自分で意思決定できるようになると

変化の速度も早く

周りの変化も起きてくるのを感じることでしょう。